カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New > アーカイブ > 2011年4月アーカイブ

What's New 2011年4月アーカイブ

白洲次郎氏

イギリス留学時にはベントレーを乗り回し、戦後の日本復興時には吉田茂氏の懐刀として活躍をして、GHQには「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた白洲次郎氏。もしこの人が今生きていらっしゃったなら・・・・・。

今日、管首相が会見を開き「震災から1か月がたち、いよいよ、これから人命の救済、救援から復旧・復興へと歩みを進めていかなければならない。震災で亡くなった人たちに改めて哀悼のまことをささげるとともに、家族や被災された方々に心からのお悔やみとお見舞いを改めて申し上げたい」と述べました。

震災後の政府の対応や原発問題での東京電力の対応は残念ながら、あまり評価されていないようです。

日本一カッコいい男とも言われる白洲次郎氏は東北電力の会長を務めたこともあるそうです。戦後最大の危機的状況と言われる今、もしこの人が生きていたならばどんな手腕を振るったでしょうか。


被災地からのあるメッセージ

もうすぐ震災から1ヶ月になろうとしています。民放テレビ局では『こんにちワン』のCMの回数がだいぶ減り、通常CMの放送回数が増えてきました。しかし花見や歓送迎会、各種イベントは中止が相次ぎ自粛ムードが漂っています。

多くの方々が亡くなり、いまだにたくさんの被災者の方々が避難生活を送り、さらに原発も予断を許さない状況ですから当然なのかもしれません。

しかしこのような状況の中で、被災地岩手県の、ある酒造会社の方が『自粛をして頂くよりも花見をして下さい』という内容の動画 をユーチューブに投稿したことが話題になっているようです。『義援金や援助物資を送ってもらったり、自粛と言う気持ちを持って頂くのもありがたいが、震災により出荷量が減ってしまいこのままでは経済的な二次被害を受けてしまう』と言うのです。被災地である東北地方の物産品を消費することにより、経済が潤いそれが被災地の援助につながるというのです。

連日報道される被災された方たちの現状や原発問題、電力不足等、不安要素はたくさんありますが、被災を受けていない私たちは、震災前のような通常の生活を送ることが大切なのかもしれません。自粛ばかりでは、日本経済が停滞してしまい、復興に必要な財源を確保出来なくなってしまいますからね。


1

« 2011年3月 | メインページ | アーカイブ | 2011年5月 »

このページのトップへ