カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New > アーカイブ > 2018年2月アーカイブ

What's New 2018年2月アーカイブ

「結婚に向けた気運醸成のための動画」

生涯未婚率が高まる現在、日本の各自治体は様々な取り組みを実施しているようですが、東京都は、「結婚に向けた気運醸成のための動画」を作成しました。

1分ほどの動画の内容は、1964年の東京オリンピック・パラリンピックの年に結婚した祖父母を持つ男性が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの年に向けて結婚を意識していく内容で、最後に小池都知事の「あなたは誰と観ますか?」と言ったナレーションが流れます。

オリンピックと結婚を絡めたこの動画には3000万円の制作費やPR費用が掛けられているそうです。

賛否両論あるそうですが、私が動画を見て感じたのは「この動画を観て、結婚をしたい!と思う人は、果たしてどれくらいいるのだろうか?」でした。

皆さんは、どの様に感じるでしょうか。興味のある方は観てください。

https://tokyodouga.jp/HBBSVSgyhxM.html


「 女性が結婚相手に望む条件」

株)ジェーシービーは、2018年1月12日~1月15日の期間で「イマドキ女性の節約意識に関する調査2018」と言うアンケートを実施しました。

20歳から39歳の働く女性(20代500サンプル、30代500サンプル)をインターネットにより調査。

その中の「女性が結婚相手に望む条件」と言う項目を取り上げてみました。


1位 育児や家事をしてくれる人 (53.7%)
2位 浮気と無縁で自分だけに優しい人 (42.1%)
3位 仕事を頑張る人 (32.2%)
4位 会話が面白い人 (27.6%)
5位 節約が得意で家計に優しい人 (24.8%)
6位 優良企業勤めで収入が安定している人 (23.0%)
7位 高収入な人 (16.4%)
8位 イケメン (15.7)
9位 会話を合わせてくれる人 13.6%)
10位 おしゃれな人 (11.9)
11位 心も体もマッチョな人(8.2%)
11位 気弱で暴力と無縁な優オトコ(8.2%)
13位 背が高い人 (6.5%)
14位 誰にでも愛想が良い人 (6.2%)
15位 スポーツマン (5.6%)
16位 高学歴な人 (4.3%)

http://www.global.jcb/ja/press/news_file/file/180205_imadoki.pdf を参考


1980年代後半のバブル時代に、「3高」と呼ばれた「理想の男性像」、高学歴、高収入、高身長は、もはや下位ランクとなり、上位にランクされているのは、「育児や家事をしてくれる人」、「浮気と無縁で自分だけに優しい人 」、「仕事を頑張る人」と言った努力次第で何とかなる事柄です。(今の方が正常な考え方だと思います。)

アンケートでは、「周囲に自慢できる好条件の男性から、長い結婚生活を見据えて、協力しながら楽しい家庭を築いていける、頼れる男性へと移り変わっているようです。」と結論付けています。

婚活中の男性は、参考になると思います。


「マンハント」

香港ノワールの傑作「男たちの挽歌」シリーズのヒットにより、ハリウッドへ進出して「フェイス/オフ」「ミッションインポッシブル 2」などの作品を手掛けたジョン・ウー監督の新作映画「マンハント」が公開となりました。

大阪を舞台に、何者かにハメられ無実の罪を着せられた弁護士と、彼を追う孤高の刑事。その裏には恐るべき陰謀が隠されていた・・・・・・。

残念ながら私は見ていませんが、1970年代に公開された高倉健さん主演「君よ憤怒の河を渡れ」と言う映画のリメイク作品なのだそうです。

「バイオレンスの詩人」と言われるジョン・ウー監督作品の特徴は、「白い鳩」、「二丁拳銃」、「銃撃戦でのスローモーション」、「哀愁を感じる演出」等。

特に「白い鳩」には、こだわりが有るようで、クリスチャンである監督は、バイオレンスシーンにそれと相対する平和の象徴である白いハトを飛ばすのだそうです。

今作「マンハント」にもそれらの要素が盛り込まれており、「男たちの挽歌」などの過去の作品を彷彿とさせ、冒頭での二人の女性暗殺者による銃撃シーンから「ジョン・ウー」ワールドが炸裂します。

さらに今作では、一丁の銃を二人で撃ち、敵を倒す!と言った新たな演出が加わっていました。

主役の一人である福山雅治さんは、とてもカッコいい役どころで、2月16日までは監督との対談シーンが本編終了後に上映されます。

その他、日本人俳優も多数出演しており、特に「ハードボイルド 新 男たちの挽歌」に出演していた國村隼さんが友情出演しているので注目です。


1

« 2018年1月 | メインページ | アーカイブ | 2018年3月 »

このページのトップへ