月別 アーカイブ

カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New > アーカイブ > 2022年1月アーカイブ

What's New 2022年1月アーカイブ

生搾りモンブラン

伊勢崎市で私用を済ませ、立ち寄ったのは伊勢崎市宮子町の「Aldewarth the cafe」さん。

シンプルでモノトーンな感じの、今風な内外装のお店です。

(建物の外観画像だけは、撮影するのを忘れたので、お店の公式サイトからお借りしました。)

平日の午後2時30分くらいでしたが店内はとても賑わっており、人気の程が伺えます。

しかし、イートインスペースには所々に仕切りが設置してあるので落ち着くことができ、コロナ対策にもなっていると思われます。

この日は、スイーツ系よりも食事系の物が食べたかったので、サクサク生地で食べ応えのあるミートパイと、スッキリとした飲みやすい味わいのアイスコーヒーをいただきました。

そして、妻が注文したのは「イチゴの生搾りモンブラン」とホットコーヒー。

生搾りモンブランという名の通り、作り置きではなく注文後、店員さんが丁寧に仕上げてくださいます。

美味しそうなビジュアルのイチゴが乗ったモンブランを半分に割ってみると、外側から順にイチゴクリーム、クリーム、メレンゲの順で構成されており、更にイチゴソースが溢れ出てきました。

「イチゴの生搾りモンブラン」は1月限定メニューのようで、月ごとに異なる食材を使用したクリームによるモンブランを味わうことができるようです。

この日は、定番と思われる「栗の生搾りモンブラン」も販売していました。

帰る前に、追加注文した「紅茶とオレンジのタルト」も美味しかったです。

店員さんもとても親切な「Aldewarth the cafe」さん。デートにもおすすめのお店です。


「ハウス・オブ・グッチ」

1995年、イタリアの老舗ブランド グッチの3代目社長マウリツィオが路上で何者かに銃殺され、その首謀者が妻であるパトリツィアであったという衝撃的な実際の事件を、1970年代から1990年代を舞台に、事件に至るまでの二人の関係とブランド創業家であるグッチ一族が骨肉の争いにより崩壊していく過程、更にはその後の新たな資本になってからのトム・フォードの起用によりブランドが復活を果たすまでを描いたリドリー・スコット監督による作品。

1997年のジャンニ・ヴェルサーチの事件は知っていましたが、グッチの事件はこの映画を見るまでは知りませんでした。

これまでにリドリー・スコット監督は、エイリアン、ブレードランナー、ブラック・レイン、グラディエーター、ハンニバル、悪の法則など数々の優れた作品を生み出し、そのジャンルはSF、アクション、スペクタクル、スリラーなど多岐にわたり、正に巨匠と呼ぶにふさわしい監督です。 

出演はパトリツィア役をレディー・ガガ、マウリツィオ役はアダム・ドライバー。グッチ家の人々としてアル・パチーノ(レディー・ガガと同じくイタリア系アメリカ人)、ジャレッド・レト(特殊メイクにより全く別人の容姿で出演)、ジェレミー・アイアンズ(ベン・アフレック版バットマンで執事アルフレッド役でした)。そして、現在グッチを保有しているフランスを本拠地とする企業「ケリング」の会長の妻であるサルマ・ハエックが、パトリツィアの専属占い師でありマウリツィオの事件にも関係がある役を演じているのは、監督が意図的にキャスティングしたのでしょうか?

音楽はブロンディ、デヴィッド・ボウイ、ジョージ・マイケルなどの曲、クルマはランボルギーニ・カウンタック、マセラティ・インディ、初代フィアット124スパイダー、ポルシェ924とおそらく第2世代911タルガ、アウトビアンキA112、アルファ ロメオ75と155のパトカーなど映画で描かれた年代のものが使用されていたので、衣装・装飾・小道具なども当時にこだわって制作されていると思われます。

それにしても、本作で描かれたグッチ家のスキャンダルは創業家による家族経営時代の事件であり、現在のグッチは全く別資本の会社なので関係ないと言えばそれまでですが、ブランドのイメージを考えると「よろしくない」と思われる内容の映画なので、これを許す寛容さはなんとなくイタリア的だと感じました。アラン・ドロン主演の古い伊仏合作フィルム・ノワール「ビッグ・ガン」ではマフィアがアルファ ロメオのディーラーを装って暗躍しているという設定でした。もちろんフィクションなのですが、この映画を見た時にも、イメージ的なことを考えると、アルファ ロメオの余りにもなおおらかさに驚きました。

「ハウス・オブ・グッチ」は夫婦間に亀裂が生じる過程が描かれた内容なので、デート向きではないと思われます。

しかし、とても見応えのある良いサスペンス映画でした


「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」

トム・ホランド演じるスパイダーマン3部作の最終章である「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は過去のトビー・マグワイア版と、アンドリュー・ガーフィールド版のスパイダーマンをも含めた「マルチバース」という手法を取り入れた集大成的な内容の作品でした。

マルチバース(多次元宇宙論)は理論物理学と呼ばれる分野の、かなり複雑な理論のようですが、アメコミにおいては、「いろいろな宇宙が存在し、同じようなキャラクターがそれぞれの宇宙で同じような生き方をしている」というようなことだと思われます。

(DCの今年公開予定「ザ・フラッシュ」でもマルチバースにより、過去にバットマンを演じたマイケル・キートンとベン・アフレックがそれぞれバットマン役で出演するようです。)

前作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は、主人公ピーターが秘密にしていたスパイダーマンであることが全世界の人々にバレてしまったシーンで終わりました。

今作では、ピーターがドクター・ストレンジに魔術により人々の記憶から自分がスパイダーマンであることを消してほしいと依頼しましたが、そのことが災いしてドクター・ストレンジの呪文によりマルチバースの扉が開いてしまい別の宇宙でスパイダーマンと戦ったヴィラン達が出現してしまうという物語。

主人公ピーターを演じるトム・ホランドとヒロインMJを演じるゼンデイヤは、私生活でも恋人同士とのことなのでその演技に注目です。ベネディクト・カンバーバッチ、ウィレム・デフォー、ジェイミー・フォックスなどの名優も出演しており、他に、集大成にふさわしいサプライズ的な俳優も出演していました。

ヴィラン達への救済という心優しいピーターの想いが思わぬ悲劇を生みだしてしまいますが、それでも信念を貫く姿が描かれた、大人から子供まで幅広い層が楽しめる作品です。


1

« 2021年12月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ