月別 アーカイブ

カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New

What's New

「男と女 人生最良の日々」 鑑賞断念

東京を始め、大きな都市では1月末から上映されていた映画「男と女 人生最良の日々」。群馬県でもやっと、シネマテークたかさきで4月1日~17日までの短期間、上映が開始されました。

上映を心待ちにしていましたが、今回は残念ながら、新型コロナウイルスによる外出自粛により鑑賞を断念しました。

レーシングドライバーのジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は妻を自殺により亡くし、今は幼い一人息子と暮らしています。一方のアンヌ(アヌーク・エーメ)はスタントマンの夫を事故で亡くし、映画のスクリプターの仕事をしながら、幼い娘と暮らしていました。(多忙な仕事のため、二人とも同じ寄宿舎に子供を預けています)

同じような境遇の悲しい過去を持つ、二人の男女の出会いを描いた、クロード・ルルーシュ監督の名作「男と女」。

映画の中で、ジャン・ルイはマスタングでモンテカルロ・ラリーに出場し、GT40をテストコースで走らせる等のシーンがあるので、おそらくフォードのワークスドライバーという設定だと思います。

この映画が公開されたのは1966年。映画「フォードVSフェラーリ」の舞台も1966年のル・マン24時間耐久レースを描いていました。「男と女」でもル・マン24時間耐久レースのシーンが存在します。偶然の共通点がある事が想像力を掻き立てます。

「男と女 人生最良の日々」は、この「男と女」と同じキャストとスタッフにより制作された、あの出会いから53年後のジャン・ルイとアンヌの姿を描いた作品。どんな役柄かは不明ですがモニカ・ベルッチも出演しているようです。

公式サイトのあらすじを要約すると、

かつてはレーシングドライバーとして一世を風靡したジャン・ルイは、とある海辺の施設で余生を送っていた。

ところが、今では過去の記憶を失い始め、状況は悪化するばかり、そんな父親の姿を心配した息子は、ジャン・ルイが長年追い求め、愛し続けた女性アンヌを探し出し、施設で再会させることにした。

再会を果たす二人。しかし相手がアンヌだと気が付かないでジャン・ルイはアンヌへの思いを話し始めるのだった・・・・・・。

https://youtu.be/0AQXZsKSyTs

予告動画にはフランシス・レイのあの名曲と、この映画のための新たなメロディーが流れ

「いつも女性を愛していた。特にあなたに似ている女性を」。

「板張り道での運転は禁止ですよ。50年前バカがマスタングで疾走をしたから」「それは俺だ」等のセリフと、

レ・ミゼラブルの作者ヴィクトル・ユーゴーの「最良の日々は、この先の人生に訪れる」という言葉が映し出されます。


新型コロナウイルスによる不安な日々「最良の日々は、この先の人生に訪れる」。なんだか、とても心に響く言葉です。


「男と女 人生最良の日々」。DVDが早く発売されることを期待します。きっといい映画なんだろうな。


ランチ

今年1月位に行きましたが、まだアップしていなかったのでアップします。

伊勢崎市八斗島町におそらくタイの方が経営されていると思われる、美味しいタイ料理のお店があるとの事で出かけてみました。

「ノンカイ レストラン」と言う名前のお店で、外観はかなりディープな感じで、勇気を出さないと入りにくい雰囲気を醸し出していましたが、思い切って入店しました。

内装も異国な雰囲気があります。

メニューには日本語表記で料理名、簡単な各料理の説明も記入されており、店員の方も日本語が通じるので安心です。

どの料理にしようか迷いましたが、カオマンガイ(チキンライス)とセンヤイパッキーマオタレー(シーフード焼きビーフン)の2点を注文しました。

センヤイパッキーマオタレーは「かなり辛いですけれど、辛さ調整ができますよ」と店員さんが丁寧に教えてくださったので、少しだけ辛い味付けにしていただくことにしました。

注文後、料理が出来上がるまでの間、併設しているタイ料理の食材を販売するお店で、現地から取り寄せたと思われる、調味料や飲み物、インスタント食品、冷凍食品などを見せていただきました。

お店の方によると、レストランには日本人のお客さんもたくさん来店するそうですが、食材を売るお店には、ほとんどタイの方しか訪れないそうです。

いよいよ料理が出来上がりました。

カオマンガイは鶏肉もチキンライスも優しい味付けであっさりとしており全く癖もありません。セットのチキンスープには少しだけパクチーが入っており、「タイ料理を食べた」といった感じでした。どちらも美味しいです。

センヤイパッキーマオタレーは少しだけ辛い味付けでのリクエストでしたが、それでも辛かったので、本来はかなり辛い料理のようです。幅広なきしめんのような麺の量よりも、エビ、ホタテ、ムール貝、イカ、タコなどのシーフード類や青菜、キノコなどの具の量の方が多く入っておりヘルシーな感じでした。独特な香辛料の香りもありましたが、これも美味しくいただきました。

少し入りにくい感じはありましたが、料理は美味しく、お店の方も親切です。

興味のある方は、行ってみてください。


「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」

「ゴッサムで一番の悪はハーレイ・クイン様よ!」と豪語する、クレイジーで天真爛漫、モラルゼロ、何を仕出かすかわからない予測不能なぶっ飛びキャラである「スーサイド・スクワッド」でスクリーンデビューを果たした、マーゴット・ロビーのはまり役、ハーレイ・クイン。

「スーサイド・スクワッド」同様、今作「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」でも「悪対悪」の戦いを描いています。

悪のカリスマ ジョーカーの彼女として一目置かれていたハーレイは、ジョーカーと破局。その直後、ハーレイは多数の恨みをかっていた悪党から命を狙われることに。中でも一番の強敵は ユアン・マクレガー演じるゴッサムを牛耳るサイコなマフィアのボス ローマン・シオニス(ブラックマスク)。

ハーレイはハントレス(シチリアで殺し屋の訓練を受けたマフィア一家生まれの女性)、ブラック・キャナリー(超高音波の声を持つ歌姫)、レニー・モントーヤ(ゴッサム市警の刑事)と手を組み、ある宝石を巡る事件によりブラックマスクから狙われている少女カサンドラを救うことに・・・・・・。

プロデューサーも務めたマーゴット・ロビーは「レオン」の影響を受けていると語り、アクションシーンは「ジョン・ウィック」や「アトミックブロンド」などを手掛ける87イレブンが監修しているとの前情報で期待は膨らみますが、あまりにもポップすぎるポスターを見ると、おじさんが一人で見に行くには少し抵抗があったので、今回は「ダークナイト ライジング」鑑賞後、すっかりアメコミ映画にはまり「スーサイド・スクワッド」も見ている長女を誘い見に行きましたが、全く心配には及ばず、老若男女問わずカップルはもちろん、おじさん一人で来ている人も多数いました。

何よりも、予想以上に楽しめる作品で、ダークでポップ、そしてカラフルな色使いはティム・バートン監督の「バットマン」の世界観を感じました。これにコミカルさをプラスしてさらにクエンティン・タランティーノ監督の作品を合わせたような雰囲気でした。

昨年末に話題となった「ジョーカー」は救いようのない悪を描いていましたが、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」では、ハーレイはジョーカーに洗脳される前は、もともと優秀な精神科医であったこともあり、悪の中にもどこかに良心が垣間見えるように感じました。作風も前者はシリアスに悪を描いたのに対し、後者は真逆で楽しく悪を描いています。(尚、この2作品には全く関連性はありません。スーサイド・スクワッドとは関連性があります。)

残念ながら今作に「バットマン」は登場しませんがハーレイのペットであるハイエナの名前が「ブルース」でした。そのブルースとハーレイが、古いレモンイエローのジャガーXJ-Sコンバーチブルに乗っているシーンがあり、とても絵になっていました。

新型コロナウイルスの影響で停滞している雰囲気を、吹き飛ばすことのできる楽しい作品です。デートにもおすすめです。

音楽も良かったのでサントラを購入してしまいました。


「Fukushima 50」フクシマフィフティ

「福島第一原発の事故」

何が起きているのかわからず、不安な気持ちを抱きながら、テレビで情報を得ようとすると、当時の政権与党の官房長官が記者会見で繰り返し述べていた「直ちに人体に影響はありません」という言葉がより一層の不安を煽り、原子力専門家によるメルトダウン、ベクレル、シーベルト、ベント、原子炉圧力容器、原子炉格納容器、水素爆発、等々の聞き慣れない用語、民放テレビでは公共広告機構のCMばかり。

その時、福島第一原発ではいったい何が実際に起きていたのか?

2011年3月11日、東日本大震災に伴う想定外の大津波により、福島第一原発はStation Black Out 全電源喪失状態に。このまま原子炉を冷やせなければメルトダウンが生じ、放出された放射能により東日本が壊滅してしまうかもしれない。

高濃度の放射能で汚染され、余震が起こる福島第一原発現場で、死を覚悟しながら原子炉制御の作業に従事する人々。後に、海外メディアから「Fukushima 50」としてたたえられた、彼らの実話を描いた作品です。

現場を仕切る東電の吉田所長(渡辺謙さん)は、東電本店や官邸からの状況を把握していない指示に翻弄されながらも、自分の意思を貫きます。きっと、踊る大捜査線の青島刑事の「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」」という台詞と同じ心境だったと思います。

誰かが行わなければならない、危険が伴う高い放射能で汚染された原子炉建屋内での、手動によるベント作業を、部下たちにさせる訳にはいかない為、中央制御室・伊崎当直長(佐藤浩一さん)は自らが行う事を告げると、部下たちは次々と「私がやります」と挙手することになります。先のある若い者にその作業をさせることは出来ないので、年配者が作業に当たる事になるのです。感動的な場面です。

現場で決死の作業を続ける「Fukushima50」の面々は、被災した自分たちの家族の事を心配しながらも連絡も取らないまま仕事をこなし、その家族たちもまた連絡が取れない中、心の中で親族の安全を願うのです。

吉田所長から危険な為、撤収するように言われても、民間が頑張っているのに撤収できないと言う現場の自衛隊員や、「トモダチ作戦」で応援してくれた米軍の姿なども描かれていました。


現場の人達の真の姿と、その叫びが聞こえてきそうな、ドキュメンタリータッチで描いた感動的な作品です。

デートにもおすすめです。鑑賞後はきっと、語ることがたくさんあるでしょう。

 

被災された多くの方々、奪われた尊い命、いまだに行方不明者がいる東日本大震災。
そして福島第一原発では今でも廃炉の為の作業が続いています。


ランチ

前橋市のけやきウォークそばの「Bagaro PICCOLA PECORA」というイタリアンのお店へ行きました。

ランチは組み合わせにより10種類くらいありましたが、今回は本日のパスタ又は本日のピザにサラダ・スープバー、前菜盛り合わせ、デザート、ドリンクが付くセットを注文。

満席状態だったので、撮影は出来ませんでしたが店内はシックな落ち着いた感じで、隠れ家的な居心地の良い雰囲気です。

メニュー注文後、バーコーナーへ行くと前橋の契約農家から仕入れているという新鮮な野菜や、スープ、ビーツのリゾット、グリッシーニ、パンなどがありました。

サラダを食べていると、種類豊富で食べるのが惜しくなるほど、きれいに盛り付けられている前菜が運ばれてきました。肉類や魚介類で調理された、全部で10種類以上ある料理の説明を店員さんが一品ずつ丁寧に説明してくださいましたが料理名は覚えていません。

いよいよ、パスタとピザが出来上がりました。パスタは牡蛎がたくさん入った牡蛎とカリフラワーのパスタ、ピザは定番のマルゲリータ。

食後、エスプレッソと一緒にいただいたのは、チーズケーキ・ゆず風味のムース・パウンドケーキ・金柑の甘露煮など。

どの料理も丁寧に調理されており、とても美味しかったです。

店名のBagaroとは、気軽にお酒が楽しめるベネチア名物の居酒屋さんのようなお店の事なのだそうです。こちらのお店にもたくさんの種類のワインなどのお酒があり、前橋駅からも近いので、お酒を飲む方は夜に電車で行くと良いと思います。

デートにもおすすめのお店です。


「1917 命をかけた伝令」

1917年の第一次世界大戦中、西部戦線のドイツ軍が突如後退。前線にいたイギリス軍のマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)率いる1600人の部隊はドイツ軍に止めを刺すべく総攻撃をかける準備を進める。しかし遠く離れたイギリス軍の作戦本部では、突如の後退はドイツ軍の罠であることを掌握。このままでは前線の1600人が壊滅してしまう事態になってしまうため、マッケンジー大佐への作戦中止の伝令を二人の若き兵士に託す事に・・・・・・。

無数の死体が転がる数々の罠が仕掛けられた敵陣地を、前線の部隊を救うために命がけで走り抜ける兵士。今作「1917 命をかけた伝令」のサム・メンデス監督による演出は、どこか不安感を生じさせるピンと張りつめた空気感が漂い、同監督の007「スカイフォール」にも共通したものがあったように感じます。

クリストファー・ノーラン監督の戦争映画「ダンケルク」は、台詞がほとんど無い事と、時計の秒針が刻むカチカチといった音が効果的に使用される事により臨場感を高めていましたが、「1917 命をかけた伝令」は全編ワンカット風に仕上げられた撮影と編集により、臨場感を生じさせていました。

戦場に行ったことが無いのでわかりませんが、きっと戦場はこんな感じなんだろうと思わせる雰囲気があり、大きなスクリーンで見ると更にそれが増幅されます。

テーマパークのアトラクションを体験したかのような感覚もあるので、デートで見に行っても面白いと思います。


「ナイブズアウト/名探偵と刃の館の秘密」

年明け最初に見に行った映画「フォードVSフェラーリ」があまりにも良かったので、他の映画を見る気になれず、「フォードVSフェラーリ」を見るために計3回ほど劇場へ足を運んでしまいました。

ル・マン優勝目前のケン・マイルズに下されたフォード首脳陣からのあまりにも理不尽な指示。果たしてケン・マイルズはその指示に従うのか、背くのか?ケン・マイルズを演じたクリスチャン・ベールはその複雑な心境を顔の表情で上手く表現しており、そのシーンを見る度に感情移入してしまい涙腺が緩んでしまいます。

 

そんな中、久しぶりに見た新作映画は「ナイブズアウト/名探偵と刃の館の秘密」

殺人事件が発生し、一癖も二癖もある多数の容疑者がいる中、名探偵が登場し犯人のトリックを暴き事件を解決するという流れの、昔ながらのミステリー映画です。

今作で、エルキュール・ポワロや金田一耕助に匹敵する個性的な名探偵ブノワ・ブランをユーモアを交えながら演じたのはダニエル・クレイグ。すでに続編の製作も決定しているとの事なので、ジェームズ・ボンドに次ぐ、ダニエル・クレイグの代表的キャラクターとなりそうな気配です。

共演の、クリス・エヴァンスがキャプテン・アメリカでの誠実で真面目な役どころとは正反対のお金持ちのドラ息子役を演じ、4月公開の「No Time To Die」でもダニエル・クレイグと共演しキューバの諜報部員役を演じるアナ・デ・アルマスが物語の鍵となる重要な人物を演じています。更にはTV版マイアミバイスのドン・ジョンソン等々、豪華俳優陣が多数出演。

監督は「スターウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン。ミステリーファンである監督自身がアガサ・クリスティーに捧げるオリジナルの脚本を執筆との事ですが、勿論プロットは違いますが、横溝正史のあの作品を思わせるような展開もあったように感じました。

各所に散りばめられた伏線や、緻密に計算されたトリックの謎解きを軸に、人間の欲望による心情の移り変わり、格差社会、移民問題といったものにも触れられている見応えのある作品です。

デートにもおすすめの映画です。


ランチ

ベトナムの料理人による美味しいベトナム料理がいただける、伊勢崎市下諏訪町の「ボンセン」というお店へ行ってみました。

ベトナム料理は中国料理の影響を強く受けているものの、フランスの植民地であったことから、フランスの食文化の影響も受けており、他のエスニック系の料理よりもマイルドで日本人にも食べやすいことが特徴なのだそうです。

アジア風の店内は、写真撮影後ほぼ満席となりましたが、この日はベトナム人と思われる方と日本人と思われる方の割合は6対4くらいでした。

ランチメニューはご飯類と、フォーの麺類各5種の中から選択。

今回はコム ムック ノイ ソット カ ツア(イカの肉詰めトマトソースがけ)とコム チエン ヅア ポー(ポークライス)という舌を噛んでしまいそうな名前の料理を注文し、サラダバーとドリンクバー、デザートのセットを付けました。

サラダのドレッシングは、4種ほどの中からレモン、野菜を選んでみましたがどちらも美味しいです。

ドリンクバーは、オレンジジュース、リンゴジュース、烏龍茶、カルピス、ホットミルクティー、ホットコーヒー、ホット烏龍茶など。

メインのコム ムック ノイ ソット カ ツアのトマトソースは、イタリア系のトマトソースとは明らかに異なる味付けで、おそらくベトナム料理独特な調味料が使用されているのだと思われますが、今まで食べたことのない味わいで、肉詰めのイカと添えられているパクチーをソースと絡めて食べると、ご飯によく合う美味しい料理でした。

スープはキノコや野菜が入ったすまし汁のような優しい味わいです。

コム チエン ヅア ポーのポークも癖のない独特な味付けで、そのままでも美味しいのですが、甘酸っぱいソースをかけても異なる味わいとなり、これも美味しいです。

デザートは冷たいものか、温かいものから選択するとの事でしたが、冷たい方を選択しました。名前はわかりませんが、素朴な味わいで、濃いめのコーヒーとよく合いました。

ベトナム料理専門店へは、初めて行きましたがタイ料理などよりも食べやすいように感じました。

親切なベトナム人の店員さんによると、このお店は2月末で一旦閉めて、改装後、カラオケバーとして再オープンするとの事です。

残念ながら今月中に行かないと、今までのような料理は食べられなくなってしまうかもしれません。
興味のある方は急いでください。

デートにもおすすめです。


ランチ

2年くらい前にオープンして以来、ずっと気になっていたみどり市の「フランス食堂 Voila!」と言うお店へ、やっと行ってきました。

私の事務所からクルマで5分ほどの場所にあります。

昼過ぎ1時30分位に入店すると、およそ20人ほどで満席になってしまうくらいの、こじんまりとした店内はほぼ満席でしたが、幸いなことに1席だけ2人用のテーブルが開いていたので待たずに済みました。

こちらのお店は和をテーマにされているようで、料理は和風の器で提供され、壁には高倉健さんや三船敏郎さんの古い映画ポスターも飾られていました。

食堂と店名に付いているくらいですから、カジュアルで気取らない雰囲気でとても居心地が良いです。

早速、料理を注文。

ランチメニューから、本日のお肉メニュー「豚ロースマスタードクリーム」と選べるパスタ膳から「小エビのトマトクリーム」を選択しました。

料理を待つ間にほうじ茶とリンゴ・セロリ・キュウリのマリネが提供され、メイン料理が出来上がるのを待ちます。

いよいよ料理が出来上がりました。

豚ロースマスタードクリームは少し酸味のある優しい味付けで、小エビのトマトクリームはかなり濃厚な味わいでしたが、どちらも美味しくいただくことが出来ました。

上記の各メインの他に、サラダ、魚のテリーヌ、スパイシーな味付けの手羽先、ミニグラタン、スープ、ライスかパンがセットになっていました。

更に食後にエスプレッソ(コーヒー、紅茶、エスプレッソから選択)、チョコバナナケーキ(日替わりで2種類から選択)も付いています。

美味しく品数豊富でボリュームもあり、かなり満足感のある内容でした。

お客さんの9割は女性でしたので、女性受けの良い料理や雰囲気なのだと思います。

デートにもおすすめのお店です。


「フォードVSフェラーリ」

より多くのクルマを売り企業収益を追求するアメリカ・デトロイトのフォード。レ-スに出場するための資金稼ぎが目的で市販車を売るイタリア・モデナのフェラーリ。理念の異なる二つの企業のプライドを賭けた闘い。

打倒フェラーリのレーシング・マシーン開発を託された組織になじめない二人の男が、いかにして勝利を収めるのか?そして、それを支える妻や子供たちの家族愛。

危険なため今は実施されていないル・マン式スタートの再現、時速300kmは優に上回るスピードが出る「天国が見えるストレート」と言われるユノディエールからミュルサンヌコーナーへ突入するまでの攻防、クラッシュシーンなどの、ほぼCGを使用せずレプリカの実車を使用し撮影したと言う臨場感のある迫力のレースシーン。

レースやクルマに興味がある方は勿論ですが、登場人物の性格や感情を丁寧に描いたヒューマンドラマでもあり、多くの方が楽しめる実話に基づいた内容の映画になっています。

デートにも、おすすめです。

業績アップのために、世界で一番過酷なレースの一つであるフランスのル・マン24時間耐久レ-スに出場し勝利を果たすための手段としてフォードが選択したのは、資金難に苦しみながらもル・マンでの連勝を果たしている絶対王者フェラーリの買収計画。

フォードからの買収提案に対し、コマンダトーレ(騎士団長)と呼ばれた男エンツォ・フェラーリは、「フォードはクルマも工場も醜い」とNOの返答。

屈辱的な言葉を浴びせられ、買収を断られたうえに、更にその直後フェラーリはフィアットと提携してしまうのです。怒り心頭のヘンリー・フォード2世は、自社でレーシング・マシーンを開発しル・マンでフェラーリを打ち破ることを決意。

そこで、レース経験のないフォードがレーシング・マシーンの開発に当たり白羽の矢を立てたのは、かつてアストン・マーティンでのル・マン優勝経験もある元レーシングドライバーで、今はカーデザイナーとして活躍しているキャロル・シェルビー(マット・デイモン)。

キャロル・シェルビーは、優れた才能を持っているものの、その純粋すぎる性格から誤解され、周囲からは付き合いづらい人と思われているレーシングドライバーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベール)と共にフォードからの依頼を受け、王者フェラーリに勝つためのマシーン開発に臨みます。

監督は、「ウルヴァリン SAMURAI」や「LOGAN」のジェームズ・マンゴールド

「フォードVSフェラーリ」はとても見応えのある優れた感動的な作品ですが、やはりハリウッド映画なのでフォード視点の内容です。

どうしてもキャバリーノ・ランパンテ(跳ね馬)を、ひいき目に見てしまう者としては、エンツォ・フェラーリ視点の物語を見たくなってしまいます。

かつてはアルファ・ロメオのレーシング部門で活躍していたエンツォ・フェラーリは、独立後に自社開発のレーシング・マシーンをF1グランプリに出場させ、ついにF1グランプリでアルファ・ロメオに勝利した際、「私は母親を殺してしまった」と漏らしたそうです。この言葉には、勝利への喜びはある反面、自分を育ててくれた古巣アルファ・ロメオを破ってしまったと言う複雑な心境が表現されているようです。

その他、若くして世を去ってしまった息子の愛称であるディーノと言う名前のクルマを発売するなど、人間味あふれるエピソードを残すカリスマ経営者エンツォ・フェラーリ。

この映画の舞台となっている1966年のル・マンでは、フェラーリは330P3などの少数のマシーンでレースに臨んでいましたが、それに対しフォードは8台のGT40マークⅡと5台のGT40マークⅠを投入。

資金難に苦しむフェラーリにフォードは資金力に物を言わせ、大量のマシーンを投入する事により勝利したという見方も出来ます。

もちろん、フォードの開発力、キャロル・シェルビー、ケン・マイルズなどの優れた技術や才能が勝利の大前提だと思いますが、個人的には、大資本と闘ったエンツォ・フェラーリに心ひかれてしまいます。


1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ