カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New > 婚活ブログ > 「ダンケルク」

What's New

< ワンダーウーマン  |  一覧へ戻る  |  「エイリアン コヴェナント」 >

「ダンケルク」

第二次世界大戦下、ドイツ軍の侵攻によりフランス北部のダンケルクの浜辺に追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士達を救出する作戦を描いた映画「ダンケルク」

クリストファー・ノーラン監督作品という事なので早速見てきました。

 

浜辺で救出を待つ兵士達。

危険を顧みず、志願して兵士達の救出に向かう、民間の小さな船の船長。

救出した兵士達を乗せドーバー海峡を渡り、イギリス本土へと向かう英駆逐艦を容赦なく攻撃しようとする独戦闘機メッサーシュミット。それを阻止する為、自己犠牲を伴う戦いに挑む、英戦闘機スピットファイアのパイロット。

これら、救出される側、救出する側。それぞれの生死を分けた極限状態に追い込まれた人々の、善悪だけでは判断できない複雑な心理状況を巧みに表現しており、見応えのある作品となっています。

時計の秒針が時を刻むような「カチ・カチ」という効果音が、戦場の緊迫感をより一層深めています。

ノーラン監督は今回も、期待を裏切りませんでした。

 

数週間前に、ダニエル・クレイグの007ボンド役続投が伝えられました。
この007次回作の監督候補にクリストファー・ノーランの名前が挙げられているようです。
ダニエル・クレイグ主演の、ノーラン監督による007。実現すると良いなと思っております。


カテゴリ:

< ワンダーウーマン  |  一覧へ戻る  |  「エイリアン コヴェナント」 >

同じカテゴリの記事

「エイリアン コヴェナント」

リドリー・スコット監督。「エイリアン」の前日譚「プロメテウス」は人類を創造したのは誰なのか? という謎を描いていました。

その続編である今作「エイリアン コヴェナント」では、エイリアンの起源に迫ります。

 この映画での「コヴェナント」と言う言葉には、登場する宇宙船の名前と同時に「神との契約」という意味があり、旧約聖書の「創世期」をモチーフにしたジョン・ミルトンという17世紀の詩人の作品「失楽園」がストーリーのヒントになっているそうです。

いずれにしても、聖書の要素を含でいるようなので、これらの知識がある方が見るとより楽しめるのだと思います。

しかし、心配はいりません。

まったく知識のない私でも楽しめました。

が、このシリーズお約束の人間からエイリアンが誕生するシーンを始め、かなりグロテスクなシーン満載なので注意が必要です。

デートで利用するのであれば事前に、グロテスクなシーンが大丈夫なのかを、お相手に確認した方が良いと思います。

私は、まだ妻と結婚する前に「エイリアン4」を一緒に見に行き、大ひんしゅくを買った経験があります。(もちろん、今回は一人で見に行って来ました。)

言うまでもありませんが、デートで映画を見に行く場合には、お相手の好みのジャンルを最優先しましょう。

 

リドリー・スコット監督と言えば、「エイリアン」の他に「ブレードランナー」もあります。

その続編「ブレードランナー2049」(リドリー・スコット製作総指揮)がもうすぐ公開になります。ハリソン・フォードも出演するようです。

こちらは、たぶんデートでも問題無いと思います。


ワンダーウーマン

2016年公開「バットマンVSスーパーマン」で、バットマンがピンチに陥った時に突如現れた、謎の女性戦士ワンダーウーマン!

その生い立ちと活躍を描いた映画「ワンダーウーマン」

 アメコミ実写版映画としては珍しく、女性が主役の女性監督によるこの作品は日本よりも早く公開されたアメリカで絶賛されているとの事です。

イスラエル出身で兵役の経験もあるというガル・ガドットが演じたワンダーウーマンは、あのテーマ曲が流れる中、切れのある素晴らしいアクションシーンを演じており、とてもカッコいいです。

女性監督ならではと思わせるシーンや映像も散りばめられており、恋愛要素もあるのでデートでもおすすめの映画だと思います。

そして11月には、いよいよ「ジャスティス・リーグ」の公開です。こちらも楽しみです。


ジョン・ウイック チャプター2

キアヌ・リーブスが演じる、凄腕暗殺者ジョン・ウィックが活躍するシリーズ第2弾。

前作では、ロシアンマフィアを相手に戦ったジョン・ウィック。今回は、ニューヨークとローマを舞台にイタリアンマフィアや世界中の暗殺者との死闘を繰り広げる設定で、暗殺者をサポートするホテルや掃除屋、貸金庫、テーラー、地図屋、ソムリエなどが登場し、独特な世界観があります。

前作同様、ジョンの愛車はフォード・マスタングBOSS429。イタリアで仕立てた細身のスーツは特殊繊維製で防弾仕様になっています。ジョンの使用目的や好みに応じてウェポン・ソムリエが選んでくれた武器で敵と戦います。

キアヌ・リーブスとは、マトリックスで共演したローレンス・フィッシュバーンがホームレスを装った地下組織のドンとして登場。暗殺者専用ホテル・コンチネンタルのローマ支店支配人役にマカロニウエスタンの名優フランコ・ネロなど渋い俳優が脇を固めています。

122分の上映時間内で141人を、ジョン1人で倒すといった、ほぼ全編銃撃シーンの映画なのでデート向きではないと思いましたが、意外と若いカップルの姿も多かったです。

すでに前作を上回る興行収入をあげており、第3弾の制作も決定しているそうです。


LOGAN

人間と特殊能力を持つミュータントとの対立を描いた「X-MEN」シリーズ。

物語の根底には現実社会での人種差別問題が描かれていると言われています。


「X-MEN」のキャラクターの中でも一番人気の「ウルヴァリン」を主人公にしたスピンオフシリーズ第3弾「LOGAN」

早速映画館で見てきました。


日本を舞台にした前作「ウルヴァリン SAMURAI」ではその内面描写が描かれていましたが、今作「LOGAN」では、それがより強調されているように感じました。

不死身のウルヴァリンの治癒能力が老化により衰えてしまったり、初期のアルツハイマー病を患っているプロフェッサーXが登場する等、シリーズとしては異色の作品となっています。


ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品は、シリーズ最高傑作との前評判通りにとても良く出来たヒューマンドラマとなっています。


このページのトップへ