月別 アーカイブ

カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New > アーカイブ > 婚活ブログの最近のブログ記事

What's New 婚活ブログの最近のブログ記事

「リボルバー・リリー」

女優の綾瀬はるかさんが、華麗なガンアクションを繰り広げるダークヒロインを演じるという話題の映画「リボルバー・リリー」

特殊戦闘能力を持つスパイを養成する組織「幣原機関」の最高傑作と呼ばれた「リボルバー・リリー」こと小曽根百合(綾瀬はるかさん)は、東アジアを中心に50人以上もの要人を暗殺し、各国大使館から「最も排除すべき日本人」と言われた伝説の凄腕諜報員。

関東大震災の翌年である1924年の大正時代末期。すでに組織から引退し、帝都 東京でカフェを営む小曽根百合は、陸軍の消えた闇資金の情報を持つ少年を保護したことに端を発して陸軍の精鋭部隊から追われる身になってしまいます。「戦いでは何も守れない」という事を悟って諜報員から引退したはずの小曽根百合でしたが、少年を守るために国家の陰謀と戦う決断をするのです。

小曽根百合をサポートし共に戦うのは、元海軍の弁護士 岩見良明(長谷川博己さん)、カフェ店員の奈加(シシド・カフカさん)と琴子(古川琴音さん)。そして、豊川悦司さん、石橋蓮司さん、橋爪功さん、野村萬斎さんらベテラン俳優が渋い演技を披露し、陸軍幹部役でジェシーさん、板尾創路さんなどが迫真の演技で悪役を演じていました。更に、過去の数々の映画で様々な俳優が演じてきたある歴史上の有名な人物を、それまで演じてきた俳優とは異なるタイプの阿部サダヲさんが演じていたのが意外でした。

監督は「世界の中心で愛を叫ぶ」の行定勲さん。

綾瀬はるかさんが「ニキータ」や「アトミック・ブロンド」のようなガンアクションシーンを見事にこなしていたものの、ハリウッド映画の「ジョン・ウィック」などを手掛けてきたアクションデザインチーム「87イレブン」によるアクションシーンなどと比較してしまうと若干スピーディーさに欠けるのは否めませんでした。

しかし、間があることがかえって日本映画らしい情緒のような雰囲気をもたらしているように感じ、特に後半での敵の姿が見えない濃霧の中での銃撃戦は、むやみに銃を撃ったりはせずに相手の気配を感じ取って戦うという静の要素を取り入れてのアクションで、とても良かったです。

原作は読んでいませんが、長浦京さんという作家による「第19回大藪春彦賞」を受賞した同名小説とのことで、それにふさわしいハードボイルドタッチのシリアスなトーンの映画ですが、反戦をテーマにしているストーリーでもありました。


パスタ ランチ

少し前の、今年2月中旬。

知人に誘われて桐生市からクルマを走らせ向かったのは、

高崎市の慈光通りにある「欧風食卓 メゾン・ド・ジルコ」さん。

以前、忘年会で数回お世話になった事があるので、夜に伺った事はありますが、昼間のランチでの訪問は初です。

 

1週間ごとに変更となる、この日のランチメニューは、

◎ Aランチ

・若鶏といろんなキノコのポルチーニクリームソース
・小海老とフレッシュトマトとアンチョビのアーリオ・オーリオ
前菜2種盛・自家製バケット・季節野菜のサラダ・デザート・ドリンク付き

◎ Bランチ

・くちどけ加藤ポーク 肩ロースのチーズのせソテー オーガニックトマトソース
前菜3種盛・季節野菜のサラダ・自家製バケットorライス・デザート・ドリンク付き

この中から選択できるので、この日のメンバー6人がそれぞれ好みのメニューを注文しました。

先ずは前菜。

Aランチの2種盛は、キッシュ・豆のチリソース。自家製バケットも添えられています。

Bランチの3種盛は、もう1種追加されます。

色鮮やかで、種類豊富な季節野菜のサラダも運ばれてきました。

そして、いよいよ登場したのは、

Aランチの
小海老とフレッシュトマトとアンチョビのアーリオ・オーリオ

Bランチの
くちどけ加藤ポーク 肩ロースのチーズのせソテー オーガニックトマトソース

私はAランチから、若鶏といろんなキノコのポルチーニクリームソースをお願いしました。

パスタをフォークにからめて口に運ぶと、様々なキノコの香りが口内に広がります。以前、こちらのお店でいただいたクリームソースのパスタはとても濃厚でしたが、今回のパスタのクリームソースはあっさりとしており、キノコの風味が感じられ相性抜群です。

デザートは、バナナとココナッツのケーキ、チーズケーキ、など6種類の異なるケーキを提供してくださいました。(うっかり全種の写真は、撮り忘れました。)中でもオリーブオイルとブラックペッパーがかけてあるパンナコッタが印象的でした。

ドリンクは、コーヒー・紅茶・ジュース類の他、お酒を飲む方は、追加料金でビールやワインも選べます。

白を基調としたシンプルな内外装です。人気店なので予約をした方が良いと思います。

デザートはもちろん、パンまで自家製の、素材にこだわった美味しい料理を提供してくださる、おすすめのお店です。


バースデーケーキ

みどり市大間々町のケーキ屋さん「パティスリー アントルメ」さん。

スーパー・とりせん大間々店さんやホームセンター・セキチュー 大間々店さん、社会福祉法人 希望の家さんなどが近くにあり、みどり市大間々町と桐生市相生町が隣接する付近に店を構えています。

先日、こちらのお店で家族の誕生日ケーキを予約購入しました。

隣接する道から少し奥まっているので、意外と目立たない店舗ですが、予約をするために伺った際にも、予約したケーキを取りに行った時にも、バースデーケーキを取りに来ているお客さんがいらっしゃったので人気店のようです。

たくさんの種類のケーキの中から今回は「フルーツ タルト」を選択。

イチゴ、ぶどう、グレープフルーツ、キウイ、ブルーベリーなど盛りだくさんで、華やかなビジュアルです。

比較的こぢんまりとした店内に設置されたショーケース内には、色とりどりな約50種類くらいのケーキやロールケーキ、ゼリーなどが並んでおり、宝石箱のようです。更には、たくさんの焼き菓子類も販売されています。

以前もケーキを購入していますが、とても美味しく全体的に甘さ控えめで、洋酒を使用したケーキなどもあり、おすすめのお店です。


桐生市役所近くの、カジュアルフレンチのお店でランチ

桐生市役所近くの桐生市稲荷町に店舗を構える、「欧風料理 シェフハヤカワ」さんで、今年1月下旬にランチをいただいてきました。

だいぶ前ですが、こちらのお店が新規OPENされた頃に何度か伺った記憶があります。

ランチメニューは、パスタセットやコース料理など好みに応じて選ぶ事ができますが、今回は3人で出かけて「魚料理セット」を2種類と「肉料理セット」を1種類お願いしました。

それぞれ、本日のスープ・ミニサラダ・メイン一品・パンorライス・ドリンク・デザートで構成されています。

先ず初めに提供されたミニサラダはとても冷えており、葉野菜、トマトの他にポテトサラダも添えられた嬉しい内容です。ドレッシングも美味しいです。

パンはオリーブオイル又はバターから選ぶ事ができたので、3人ともオリーブオイルを選びました。

本日のスープはクラムチャウダーでした。ラッキーです。

いよいよ運ばれてきたメインは、同行の2人が注文した「魚料理セット」から2品。

◎「本日の魚料理」

築地市場直送の食材で調理されているというこちらの料理には、魚の他にアサリも入っていました。

◎「帆立と海老のグリル」

ソースにはケイパーが入っており、少し酸味がある美味しいソースだったそうです。

私が選んだのは、「肉料理セット」から、

◎「上州麦豚の煮込みと上州麦風鶏の盛り合わせ」

群馬県産の豚と鶏の2種類の料理が味わえる一皿です。

3品ともに、たっぷりな野菜が添えられていましたが、メインの種類ごとに野菜の種類が微妙に異なっており、丁寧に調理されていることが伝わります。

フルーツたっぷりなデザートも3種類異なる内容で、

◎抹茶ケーキとバニラとイチジクのアイスクリーム。

◎イチゴショートケーキとチョコレートのアイスクリーム。

◎プリンとイチゴのシャーベット。

の3品。

添えられたフルーツもイチゴ、キウイ、ブルーベリー、オレンジ、柿など盛りだくさん。

ドリンクは

◎紅茶

◎花粉症に効果のあるハーブティー

◎コーヒー

を、お願いしました。

カジュアルな雰囲気でコスパも高い、こだわりの美味しい料理をいただける、おすすめのお店です。


「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」

シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」

今作での「IMF」エージェント イーサン・ハント(トム・クルーズ)の敵は「AI」

 「AIが自我を持ち人類の脅威となる」というストーリーの映画は、「2001年宇宙の旅」「ターミネーター」など過去にもたくさんの作品が制作されてきたので、それ自体は決して目新しいものではありませんが、チャットGPTが世間を賑わし、開発した企業のCEOらが「AIによる人類絶滅のリスクを軽減する事は、パンデミックや核戦争といった他の社会的規範リスクと並んで世界的な優先事項であるべきだ」と警鐘するなど、その使用方法が様々な分野で議論されているタイミングでの、このストーリー展開はとてもタイムリーだと思います。

1作目が公開された時に購入した、テーマ曲が収録されたCDを車内で流し、期待に胸を膨らませながら映画館へと向かいました。

シリーズお約束の、トム・クルーズが挑む命がけのスタントシーンや全力疾走など、今年61歳を迎えた俳優とは思えない危険なアクションシーンの数々は正に「職人技」と呼べる内容でとてもカッコ良く期待以上でした。予告動画やメイキング映像などをYouTubeで見ていたものの、本編を大きなスクリーンで観るとその迫力に圧倒されてしまいました。絶対に映画館の大きなスクリーンで観るべき映画です。

監督・脚本は、ミッション:インポッシブルシリーズでは過去に「ローグ・ネイション」、「フォールアウト」を手掛けたクリストファー・マッカリー。ほぼ脚本無しで撮影を進め、映像に合わせてストーリーを組み立てるという手法を取っているそうです。

出演は、過去作にも登場しているルーサー(ヴィング・レイムス)、ベンジー(サイモン・ペッグ)、元MI6エージェント イルサ(レベッカ・ファーガソン)、武器商人ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)、1作目に登場したキトリッジ(ヘンリー・ツェニー)などの他、新たなキャラクターも多数登場します。

「デッドレコニング PART ONE」という題名が示す通り、物語は途中で終了となってしまい、続きは、数年後に公開されると思われる「デッドレコニング PART TWO」まで持ち越しです。

しかし、取りあえずの区切りはついていたので、消化不良にならなくて良かったです。

次回作の早期公開が待ち望まれます。


「ヴァチカンのエクソシスト」

イタリア モデナといえばフェラーリの聖地(マラネッロ)として、あるいはバルサミコ酢の産地としても有名ですが、1925年にこの地で誕生した「ガブリエーレ・アモルト神父」も、生涯で数万回もの悪魔祓いを行った、実在の「エクソシスト」として有名な人物なのだそうです。

実際、数か月前に、TBSのクレイジージャーニーという番組では、(リアル・エクソシストの世界 イタリアで悪魔祓いの実態調査)というタイトルで、悪魔祓いを研究する日本在住のイタリア人 文化人類学者のイタリア取材の様子が放送され、その際にも、アモルト神父の名が出ていました。

今作「ヴァチカンのエクソシスト」は、チーフ・エクソシスト アモルト神父の回顧録に基づくストーリーとなっているそうです。

劇中のアモルト神父の台詞によると、憑依の98%は精神疾患などによるものであるが、残り2%は医学的にも科学的にも説明のつかない案件だとのこと。

1987年7月、カトリックの総本山ヴァチカンのローマ教皇から、ある依頼を受けたアモルト神父は、スペイン サン・セバスチャン修道院に向かい少年に憑依した邪悪な悪魔との壮絶な戦いを繰り広げます。そこには過去の異端審問に起因する、恐るべき秘密が隠されていたのです。

主演のアモルト神父を演じたのは「LAコンフィデンシャル」「グラディエーター」などのラッセル・クロウ。

大柄で髭面、そしてどこか優しさも感じるその風貌は、どんな悪魔でも退治してくれそうな雰囲気が漂っていました。神父の出で立ちの巨体で、小さなベスパに乗り現場に登場する姿が印象的です。

ローマ教皇を演じたのはマカロニ・ウエスタンで有名なフランコ・ネロ。

近年では、「ジャンゴ 繋がれざる者」や「ジョン・ウィック:チャプター2」などにも出演していました。

1974年公開の「エクソシスト」にリスペクトしたような描写もあり、娯楽性の高いホラー映画で、とても楽しめました。


暑いので、冷たい麺類が食べたくなります

関東地方は梅雨明け前なのにもかかわらず、暑い日が続きます。

気象庁のサイトを見ると、7月7日の全国観測地ランキングで、群馬県伊勢崎市が36.9℃で全国第3位、群馬県桐生市が群馬県館林市と並び36.5℃で全国7位だったようです。

このような季節に食べたくなるのは、冷たい麺類です。

 

みどり市の「利休庵」さんでは、天ざる蕎麦や、冷たい蕎麦に天丼が付いた天丼セットなどをいただくことができます。

 

前橋市の「忍者そば 五エ門」さんも人気店で、お昼時はいつも賑わっています。

なぜ、忍者そば なのかは謎です。

こちらのお店は少し変わったシステムで、つけ汁と薬味食べ放題(大根おろし、わかめ、ネギ、かいわれ、揚げ玉など)付きのバイキングセットを注文し、蕎麦は、通常の蕎麦の他に、地蕎麦・更科蕎麦・霧下蕎麦など風味や食感の異なる蕎麦を選択でき、好みの蕎麦を注文すると、目の前の大きな釜で職人さんが茹で上げたばかりの蕎麦を提供してくださいます。こちらのお店では、地蕎麦を1.5人前注文することが多いです。


ネットで見つけた「しそ冷やし中華」を、どうしても食べたくなり出かけたのは、太田市の「手打ちラーメン恒」さん。

こちらのお店も人気店のようで、かなり賑わっていました。

チャーシュー、海老、煮卵、きゅうり などの具の上には大量のしそが添えられ、酸味のある冷やし中華のたれと清涼感のある香りのしそにより、サッパリといただけました。更にレモンを絞るとサッパリ感が増します。

この日はチャーシューが別添えとなった、ミニチャーハンも食べてしまいました。

カロリーが気になります。


「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」

ハリソン・フォード主演のインディ・ジョーンズ シリーズ第5弾。

「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」ついに日米同時公開となりました。

1作目からは42年ぶり、前作からは15年ぶりの新作。ハリソン・フォードは御年81歳です。

アポロ11号が有人月面着陸に成功した1969年が舞台となっており、定年退職を迎えた、考古学の大学教授であり冒険家のインディアナ・ジョーンズ博士が老体にムチを打ち「運命のダイヤル」と呼ばれる恐るべきパワーを持った秘宝を追い求め、モロッコ、ギリシャ、シチリア島などを駆け巡る冒険ミステリーアクション。

(シチリアのシーンでは水色のフィアット500をインディが運転していました。7月21日の公開が待ち遠しい「ミッション:インポッシブル/デッドレコニングPART ONE」の予告でもトム・クルーズ演じるイーサン・ハントがローマのシーンで黄色いフィアット500を激走させているのが確認できます。)

回想シーンでは、CGにより顔を若返らせた30歳代と思われるハリソン・フォード演じるインディが、ナチスに潜り込み激しいアクションを見せましたが、物語のメインとなる1969年のアクションシーンは、加齢による体力の衰えを感じさせる演出となっており、変に頑張らないところに好感が持てました。

今作の悪役である、元ナチスという物理学者ユルゲン・フォラーを演じたのは、マッツ・ミケルセン。007「カジノ・ロワイヤル」でも悪役を演じ、ドラマ版「ハンニバル」では、あのレクター博士を演じていました。

アントニオ・バンデラスがインディーの旧友役で登場していました。

スティーヴン・スピルバーグに代わり、今作で監督を務めたのは、「ローガン」、「フォードVSフェラーリ」など優れた作品を手掛けてきたジェームズマン・ゴールド。

ハリソン・フォードは今作「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」をもって、インディ役を卒業すると言われており、寂しさを感じますが、過去作のオマージュが散りばめられ、あのジョン・ウィリアムズの曲も効果的に使用され、ラストの展開もとても良く、感動的な作品となっていました。


ピッツァとパスタのランチ

桐生市からはクルマで30分ほどで行ける、伊勢崎佐波医師会病院の近くに店を構える、

「Pizzeria HINA HARU(ピッツェリア ヒナハル)」さん。

白い外観のテナントの一画で看板も白を基調としており、意外と目立たないので通り過ぎそうになりましたが、店舗の前に薪が置かれていたので発見できました。

ほんのり炭の香りがする店内は、オープンキッチンとなっており薪窯が設置されています。

ランチメニューは、ドリンクとシャーベットがセットとなっており、レギュラーメニュー又は、今週のランチと書かれたメニューボードに記された、ピッツァとパスタ各2種類の中から選択できます。

3人で出かけたので、ピッツァは今週のメニューの中から

◎ 辛口サラミ・米ナス・トマトソース

◎ ツナ・新じゃがいもフリット・マスカルポーネ

の2種類を、お願いし、

パスタはレギュラーメニューから

◎ 魚介のトマトソース リングイネ

を、注文してシェアする事にしました。

薪窯で香ばしく焼かれたナポリピッツァはもちろん、タコ、イカ、アサリ、エビなどの魚介類の出汁が効いたトマトソースパスタも、とても美味しかったです。

ドリンクは、アイスコーヒー等を、お願いし、締めくくりはシャーベット。

美味しいランチを楽しむ事ができました。次回訪れた際には、オプションとなる前菜盛り合わせやドルチェも注文してみようと思います。


「ザ・フラッシュ」

「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」「ジャスティス・リーグ」のスナイダー・バースと言われる3部作の要素に、マルチバースの手法を取り入れ、ティム・バートン監督による「バットマン」をプラスしたような作品に仕上がっていたDC映画最新作「ザ・フラッシュ」

あくまでも、エズラ・ミラー演じるフラッシュが主役の映画ですが、ベン・アフレック演じるバットマンがバットポッドでのアクションを繰り広げ、マイケル・キートン演じる年老いたバットマンが渋い活躍を見せるので、1990年代位からバットマン映画を見てきた方々は特に感銘を受ける内容になっていると思われます。

バリー・アレン/フラッシュが、ブルース・ウェイン/バットマンと同じように両親に関して悲しい過去があることが明らかとなり、フラッシュがその悲しみを乗り越えていくストーリーを、暗くなりすぎないようコメディー要素も取り入れ描いています。

今作のアンディ・ムスキエティ監督は、製作が予定されている、バットマンとロビンが活躍する新作映画の監督に就任したという記事をネットで見ました。

あのトム・クルーズも大絶賛したという「ザ・フラッシュ」。最初から最後まで様々なサプライズが用意されています。映画館で確認してください。


<<前のページへ1234567891011

« イベント情報 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ